株式会社 康工業

コラム

column

足場板のサイズと特徴


高所作業では足場板が使用されています。
足場板のサイズと強度はどれくらいなのでしょうか。
作業員の皆さんが安心して作業できる足場板は、素材によって大きく異なります。
そこで今回は、足場板のサイズと強度についてご紹介します。

▼足場板とは?
足場板は、作業員の安全を確保するために必要な資材です。
具体的なサイズと特徴は以下の通りです。

▼足場板の種類と寸法
一般的に使用される足場板のサイズは、長さ4mです。
各足場の幅と厚みは以下の通りです。

・スチール足場…幅250㎜、厚み40㎜
・アルミ足場…幅240㎜、厚み29㎜
・杉足場…幅200㎜、厚み36㎜

▼足場板の特徴
■スチール足場板
建築現場で使用する足場板です。
木製足場板に比べて、劣化が少なく耐久性に優れています。
また、頑丈であり、たわみや歪みにも強いという特徴があります。

■アルミ足場板
耐久性に優れており多くの建築現場などで使用されています。
また、スチール製足場板に比べて、重さが軽いという特徴があります。
経年変化による強度の低下がなく、半永久的に利用できるというメリットがあります。

■木製足場板
木製足場板には、合板足場板と杉足場板があります。
杉足場板は、高速度道路、橋梁などで使用されて、強度が弱くなったら交換します。

▼まとめ
足場板は、作業を効率的に進めるために必要な資材です。
足場板を選ぶときには、サイズだけでなく、重量・強度・耐久性なども考慮しましょう。
茨城県神栖市にある「株式会社康工業」では、足場仮設工事を承っております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 康工業