株式会社 康工業

コラム

column

足場階段の設置基準と踊場の必要性


建物の足場仮設において、建築部材の1つである足場階段。
足場階段は、作業員の命を守るために大切な設備です。
この記事では、足場階段の設置基準や踊場の必要性についてご紹介いたします。

▼足場階段とは?
足場階段は、踊り場と接合している建設現場の仮設通路です。
足場は、強い雨風・振動などの影響を受けます。
作業員が脱落や転落事故を防ぐために、なくてはならない建築部材です。

▼足場階段の設置基準
足場階段においては、一定の設置基準を設けています。
建築現場などで、高さが1.5m以上を超える場所で作業をすることがあります。
その際は、足場階段を設けることになっています。
また足場階段の踏み幅は20㎝以上、けあげ高さ30㎝以下という規定があります。
さらに、建物の高さが8m以上の際は、7mごとに踊場を設置するという基準があります。

▼足場階段の踊り場の必要性
基本的に、足場階段に接続している踊場は、とても大切な役割があります。
作業員が足を踏み外してしまった際に、転落の距離を短くする役割を担っています。
作業員が安全に作業できるように、足場階段の踊り場の設置は重要です。

▼まとめ
足場階段は、工事現場・建築現場などにおいて重要な建築部材です。
そして、足場階段に接続する踊り場は、作業員の安全を守る役割を担っています。
茨城県神栖市にある「株式会社康工業」では、安全に配慮した足場仮設工事を承っております。
足場階段に関するご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 康工業