株式会社 康工業

コラム

column

足場の種類とそれぞれの特徴


建設現場などでは、様々な足場が目につきますよね。
足場は、建設現場においてとても重要な設備の1つです。
そこでこの記事では、足場の種類とそれぞれの特徴をご紹介します。

▼足場の種類
■くさび式足場
ハンマーを使用してデコボコがついた金具を打ち込み、部材同士をつなげた足場です。
部材がユニット化されていますので、ハンマー1本で組み立てられます。
足場設置と解体がしやすく、耐久性が高いことが特徴です。

■単管足場
単管足場とは、単管いわゆる鉄パイプと単管クランプなどをつなぎ合わせて組み立てる足場です。
低層ビル、狭い場所での足場に適しており、比較的自由に組み立てることができます。
しかし、他の足場より強度が弱いというデメリットがあります。

■枠組み足場
橋梁工事や高層建築工事現場などで、活躍するオーソドックスな足場です。
鉄製を使用しているので、非常に強度が高いのが特徴になります。

■吊り足場
上から吊り下げるタイプの足場です。
鉄骨の梁などに吊り材を設置して、作業床を支えます。
地面に足場が設置できない橋やプラントなどの工事に使用されます。

■移動式足場(ローリングタワー)
足場の下部にキャスターをつけて、自由に移動できる足場です。
天井や壁などの工事に向いており、効果的に作業を進めることができます。

▼まとめ
足場は、工事を安全に又は円滑に進めるための設備です。
また建築現場・工事現場に合わせた足場を使用する必要があります。
茨城県神栖市にある「株式会社康工業」では、安全に配慮した足場仮設工事を承っております。
仮設足場に関するご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 康工業