株式会社 康工業

コラム

column

足場の組み方の工程とは?


建物工事などで使用されている足場は、どのように組み立てているのでしょうか。
足場を安全に組み立てるためには、事前の準備も大切です。
この記事では、足場の組み方の手順についてご紹介します。

▼足場の組み立ての事前準備
足場を組み立てる前には、事前準備がとても大切です。
・資材の輸送コスト、人件費の計算
・組み立てる足場の面積(架け面積)の計算
・足場に必要な資材と本数などを計算
足場を組み立てるには、資材に関する専門的な知識を持つ「とび技能士」がという資格が必要になります。

▼単管足場の組み方
①地面に敷板や敷角を設置する
足場が沈んだり、滑ったりすることを防止する役割を担っています。

②支柱を組み立てる
敷板や敷角の上に縦方向に、単管パイプを垂直に組み立てます。
支柱と支柱を連結するために根がらみを使用します。

③枠組みをする
単管パイプ同士に単管クランプなどを利用して枠を組むのです。
枠組みの安定性を保つためにクランプの締め具合を一定にしていきます。
枠組みが完成したら、足場板を単管に固定します。

④単管を壁つなぎで固定する
単管パイプに壁つなぎを利用して固定します。
筋交いを設置すると倒壊防止の効果がありますので、固定して補強します。

▼まとめ
足場の組み立ては、様々な工程があります。
足場職人は、事前準備から丁寧に作業を進めて、安全第一に組み立てていきます。
茨城県神栖市にある「株式会社康工業」では、安全に配慮した足場仮設工事を承っております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 康工業