株式会社 康工業

コラム

column

足場仮設に欠かせない単管クランプの種類と特徴


足場仮設の主要資材の1つに「単管クランプ」があります。
単管クランプは、単管パイプ同士をつなげる重要な役割を担っています。
この記事では、単管クランプの種類と特徴をご紹介します。

▼単管クランプとは?
単管クランプとは、足場を組み立てる際に単管パイプを固定するために使用する金具です。
単管クランプを使うことで、単管パイプを交差または並行して繋げることができます。
基本的には、インパクトドライバーやラテェットレンチを使って、足場職人が丁寧に締め付けていきます。

▼単管クランプの種類
■直行型クランプ
直行型クランプは、単管パイプを直角に固定するクランプです。
足場の組み立てで、最も使用される種類になります。
単管パイプの交差角度90度を保持できる構造になっています。
さらに、強度1500kg以上・許容荷重500kgです。

■自在型クランプ
自在型クランプは、単管パイプを交差して自由な角度で固定することができます。
強度1000kg以上・許容荷重350kgになります。
基本的には、自在型クランプのみを使用することはありません。
直交クランプの足りない強度を補強するために、使用されることがほとんどです。

■3連クランプ
直交型クランプと自在型クランプに単クランプを合わせた3連式クランプです。
3本の単管パイプを交差して繋げるために使用します。

▼まとめ
クランプは、足場の単管パイプを固定するための大切な金具です。
クランプの種類も多く、それぞれの特徴に合わせて使用していきます。
茨城県神栖市にある「株式会社康工業」では、安全に配慮した足場仮設工事を承っております。
足場仮設に使用する単管クランプについて相談あれば、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 康工業